樹脂製品から工法までをご提案

建築・土木分野を中心に、各種工業製品などに利用される防食材や接着剤を、お客様ごとにカスタマイズしてお届けします。上下水道用ライニング材、コンクリート構造物補強用樹脂から、農業水利施設補修・補強工法(PFマーク取得済み)まで、建築・土木分野で期待される樹脂開発に幅広くお応えします。樹脂を活用した新工法の開発では、大学や省庁との産学官連携で、数々の成果を挙げています。

上水道コンクリート施設防食

上水道コンクリート施設用防食塗料は、コンクリート水槽の防水・防食及び貯留水の水質維持を目的にJWWA K143や厚生省令第15号に合格する無溶剤系エポキシ樹脂塗料並びにエポキシ樹脂塗料に比べ工期短縮が可能な速硬化ウレタン樹脂塗料を開発致しました。また、近年水道施設の耐用年数超過に伴い補修・補強が増えており、水質基準に合格する断面修復材やクラック補修材更に、動きが複雑なエキスパンションに使用出来る目地補修工法等を取り揃えており、補修に対してトータルに対応しております。

下水道コンクリート施設防食

下水道用コンクリート施設防食は、汚泥から発生する硫酸からコンクリート水槽を保護する目的で「下水道コンクリート構造物の腐食抑制技術及び防食マニュアル」のA~D種に合格する工法や端部処理材を開発致しました。 また、バイオマス施設やビルピットで発生する有機酸に耐食性のある耐有機酸工法や施工面積が小さいマンホール等を1日で施工できる樹脂モルタル工法もラインナップし、多種にわたる施設に対応可能です。

連続繊維補強用含浸樹脂

コンクリート構造物の補修・補強方法としては、樹脂注入・コンクリート打ち増し・鋼板貼付け等が用いられています。サンユコートL-500は各種工法に適するように特性、作業性に留意して開発されています。また、近年では連続繊維シート(カーボン繊維シート、アラミド繊維シート、ビニロン繊維シート)を用いた工法が、有効且つ便利な補強方法として定着しています。サンユコートL-500はこれらの工法に合わせて開発されました。

道路用各種薄層舗装用バインダー

道路用薄層舗装用バインダーとしての特徴は、下地がアスファルトであることが多いため、ある程度の追従が必要なために弾性を有している事と、相反して骨材を接着維持できる強靱性を有し、尚且つ、耐候性に優れている点にあります。当社としてもその点を十分留意し、エポキシ樹脂及びウレタン樹脂を用いて種々工法用バインダーを開発しております。

建築・土木用接着

サンユボンド A-400シリーズには、建築・土木用接着剤として用途に合わせて作業性、硬化物強度、弾性、耐薬品性などを考慮した 様々なタイプがございます。

工業用接着

様々な被着体に対し、汎用の接着剤を準備いたしておりますが、お客様独自の種々ご要望に応じたグレードの接着剤がございます。独自のグレード製品の設計に当たっては被着体の種類・作業性(硬化時間・粘度等)に応じた製品として開発し供給させて頂いております。最近では物性のご要望だけでなく、作業性を重視した特殊小分け梱包製品も供給させて頂いております。

農業用水路補修・補強

農業農村整備情報総合センターの民間技術情報データベースに当社の農業水利施設補修・補強工法が登録されました。