開発に携わった樹脂が
量産化されると、
仕事へのモチベーシ
ョンが高まります。

Yokomine Tatsuki
技術部 / 2016年入社
横峯 樹

サンユレックで担当している仕事は?

スマートフォンやプリンタ、腕時計といった身近な製品の半導体材料を封止する、エポキシ樹脂の開発を担当しています。
半導体材料といっても、じつに幅広い製品・分野がありますが、身近なスーパーやコンビニのレシートなどの印刷に使われている、ICを保護する樹脂の開発がメインになります。

Q1

仕事のやりがい・面白さとは?

技術職というと、研究室に籠もってひたすら実験に明け暮れる…そんなイメージを持っていました。ところが、想像以上に出張などで外に出ていくことが多いですね。お客様と直接やり取りをする機会が多いことは、良い意味でのギャップであり、そこに仕事の魅力や面白さを感じています。
また、自分が開発に携わった製品が採用され、量産化されるときにはモチベーションがアップして大きなやりがいを感じられますね。

Q2

仕事の大変さ・難しいところは?

お客様との打合せの場面で、樹脂についての知識がまだまだ不足していると感じる場面があります。言葉が詰まってしまったり、詳しい説明ができなかったりする度に、「もっと勉強しなければ!」と痛感させられます。
また、仕事をするうえで疑問に感じることがあるときは、ひとりでも多くの人の意見を参考にするようにしています。それは、考え方の偏りをなくし、知識の幅を広げるためにも大切なことだと思います。

Q3

サンユレックへの入社の決め手は?

学生時代には化学を専攻していたことから、化学業界の会社に興味を持っていました。しかし、「就職する」ということは、学生として学校で過ごした時間より、はるかに長い時間を会社で過ごすということなので、就職先を慎重に選んでいました。
そんな中で、当社は面接時からアットホームな雰囲気があり、採用担当の人柄にも惹かれ「ここなら長く働けそう」と感じました。

Q4

職場の雰囲気・一緒に働く人のタイプは?

社員同士のコミュニケーションがしっかり取れる職場環境ですね。私が所属している部署だけでなく、他部署とのコミュニケーションも取りやすいので、“良い人が集まる会社”だと感じています。
その点は、面接の際に採用担当から伝わってきた雰囲気と同じで、入社を決めて良かったなと思っています。

今後の目標・意気込みを!

自分が担当している案件を一つでも多く量産につなげることです。
そしてこれから先、より多く、難しい案件を抱えたときに、これまで以上に活躍できるように努力を続けなければいけないと強く感じています。もちろんプレッシャーもありますが、その分だけ自分の成長につながると考えています。
また、半導体のユーザーは海外にも多いので、英語や中国語などの語学の勉強も進めていくことにしています。

終業後や休日の過ごし方は?

料理を作ることが好きなので、仕事が早く終わったときには自炊を楽しんでいます。
得意な料理というのは特になく、その日の気分で、気になるレシピを動画で見ながら料理を楽しむといった感じです。
休日には友人と遊びにでかけたり、音楽好きが高じてライブにでかけたりすることも増えてきています。先日は武道館にも行ってきましたよ。

採用に関するお問合せ・エントリー

お電話でのお問合せ
072-669-1231
(サンユレック株式会社 総務部 採用担当)
メールでのお問合せ・エントリーはこちら

メールフォームへ

マイナビでのエントリーはこちら